夏に景気が後退するだろうと言うた米国の主要銀行の調査

求人情報は世界中で減少しとります。他の10か国と比較した場合の米国のランクは次のとおりやねん。
マーガレット区2020年3月20日、午後10時57分
株式市場の下落
景気後退への懸念が高まる中、求人情報が世界中で減少しとることを示す新しいデータがある。
経済に関する四半期ごとの予測を発行するセンターの研究者は、最近、米国が新規コロナウイルスによる不況に既に陥っとるって発表してん。
ジョブプラットフォームIndeedは、2020年1月1日から3月14日までのWebサイトでの新規求人の数を分析し、2019年の同時期と比較してん。
確かに、米国を含むいくつかの国で減少が見られ、求人の2.6%の減少が見られました。

世界中の求職者は、迫り来る不況のおかげで、オープンな仕事の減少を経験しとります。

最も注目されとる経済予測機関の研究者は、最近、米国はすでに新規コロナウイルスの世界的流行によって引き起こされた不況にあると発表してん。この予測は、米国経済の不況を予想よりもはるかにはよ置きます。夏に景気が後退するだろうと言うた米国の主要銀行の調査。

実際に求人検索ウェブサイトからのデータは、雇用がすでに年々減速しとることを示しており、経済が予想よりもはるかにはよ自由落下するもう一つの厄介な兆候やねん。

2020年1月1日から2020年3月14日までの前年比と比較した転職率の変化に基づいて、新規求人の減少が最大の11か国があります。

Visits: 12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です